有機JAS適合資材

アンモニアキラーは有用微生物の働きでアンモニア分解を行う畜産用の資材です。
アンモニアを原因とする悪臭などの悪環境を改善し、快適な飼育環境の構築に貢献します。

畜産環境改善

畜産現場で発生する悪臭は近隣住民からのクレームの原因であるとともに、その中で作業を行う畜産家や家畜そのものにストレスを与え作業効率低下・品質低下を招き、さらなる環境悪化と経営悪化を引き起こしかねません。

悪臭の原因であるアンモニアは堆肥にも残留し、環境保全型畜産業の循環工程において課題ともなっています。

そのようなアンモニアが原因の問題を解消し、人間・動物共に快適な環境の構築を目的とした資材がアンモニアキラーです。

牛舎

 牛舎の環境は地球温暖化の一因とまで言われています。それに加え、土中の微生物が活動せずに冷たくなっている床に牛が腹をつけて寝る事でさらなる体調不良に陥りかねません。

 飼育床の状態に応じて敷料に50~300倍希釈液を定期的に散布してください。

Next

豚舎

 豚は外敵に感づかれないために体臭を消したがる猪の習性が残っていますが、それを指してきれい好きといわれています。 ですので、アンモニア臭が立ち込めるような飼育環境ではストレスは溜まる一方となり、健全な発育は望めません。

 飼育床のコンクリート面や割れ目、壁、天井などに50~300倍希釈液を定期的に散布してください。

Next

鶏舎

 採卵・ブロイラー共に限られた面積でいかに多くの鶏を飼育するかということに重点が置かれますが、その分狭い範囲に大量の鶏糞が排出される環境となり、人鶏ともに悪影響をおよぼすことが考えられます。

 鶏糞の表面や飼育床、壁、天井などに50~300倍希釈液を定期的に散布してください。

Next

その他

畜産現場だけに限らず、堆肥の集積場や汚水・汚泥の処分場といった施設でも悪臭の問題はついてきます。
現在、アンモニアキラーはそういった環境へ試験的に投入され、好ましい結果報告をいただいています。

このような有機物から発生する悪臭対策にアンモニアキラーをお試しください。