青枯れ病対策

青枯れ病対策は定植シーズンが最適です

野菜の青枯れ病は土壌中に生息する細菌によって引きおこされる土壌病害です。

青枯れ病は野菜のなかでもピーマン・トマト・キュウリ・ナス・ゴーヤー・イチゴ・カボチャ・シソなどに発生しやすく、圃場が全滅するほどの伝播力があります。

これらの野菜を守るためのナチュラルファーム製バイオ資材の活用法をご紹介します。

青枯れ病の症状を確認

野菜の青枯れ病は梅雨の頃から夏にかけて発生する病気で、発生の初期は晴天の昼間に先端の葉や下葉が萎れたりしますが夜間や曇天の日には回復するということを繰り返していきます。

水切れなどに似た症状を示すため、見た目では判断がつきにくい病害ですが、茎の地際部を切ると薄い乳白色の液が維管束から染み出してくるので区別がつきます。

この乳白色の液の中には青枯れ病の菌がいますので、圃場から株ごと持ち出すことが必要です。

症状が進行してくると、株が緑色のままで萎れてそのまま枯死に至るうえ、青枯れ病の細菌は畑の土の浅い所だけでなく深い場所でも生息しているため、栽培の中後期から再び発症します。

予防と発生時の対処

青枯れ病菌は根から侵入し、野菜の維管束を通じて茎・葉へと拡散していき発症します。湿気のある土を好み土壌中に潜むため、次回植え付け時にも発症する厄介な病害です。

その点を踏まえて、以下の事柄に注意することが予防となります。

  • 定植時に根を傷めないように作業をする
  • 根を痛める原因の一つであるネコブセンチュウの食害を予防する
  • 耕種的防除として畑の水はけを良くして高畝にする
  • 植え付ける苗に青枯れ病抵抗性の台木を用いる

発生してしまった場合は、被害株を根のまわりの土とともに掘り取り、ビニール袋に入れて畑の外に持ち出して拡大を防ぎます。

土壌改善で根本対策

発生してしまうと、被害株を取りぞのいても、病菌が土壌に残り後々まで被害が出てしまうことが考えられます。

良質の堆肥を充分に施して。有用微生物が豊富に活動する土壌環境をつくることが青枯れ病予防の根本対策になります。

有用微生物を豊富に含む土を作ることで有害土壌細菌の活動を有用微生物の拮抗作用で押さえ込む静菌化が図られます。

土壌団粒化作用で発根した根が元気に生育し、青枯れ病菌などの侵入を許さなくなります。

ススキ有機肥料で土壌改善

良質な堆肥として、ナチュラルファーム製バイオ資材のススキ有機肥料をおすすめします。

鹿児島県川内川の河川敷のススキと野草をハイパワー夢Sの有用微生物で完熟発酵させたススキ有機肥料は完熟堆肥と完熟有機肥料の特徴を持った機能性有機肥料です。

豊富な有用微生物に加え、土壌中の有機物を分解する酵素も沢山含まれており、土壌改善に大きく寄与します。

10aあたりの耕地にハウスなら10~30袋、露地なら30~50袋を目安に散布して耕します。

ハイパワー夢Sを耕起前に散布

さらにハイパワー夢Sを散布して耕起するのがポイントです。

ハイパワー夢Sは良質な堆肥との相乗効果で、短期間のうちに土壌を有用微生物と酵素で満たしていきます。

これらの力で団粒構造が発達して、豊富な微生物相を構成しミミズなどの小動物の生息する生きた土へと変貌していきます。

このように生きた土の中では特定の有害細菌やネコブセンチュウは活動を抑えこまれ、被害を及ぼすことがなくなります。

青枯れ病を予防する根本対策を実行に移すのは、土壌を根本から変えることができる定植シーズンが最適な時期なのです。