導入事例~環境循環型畜産経営

アンモニアキラーで畜産経営も改善

昭和時代の経済発展に併せるように、畜産業も生産性が向上し供給は安定しましたが、残念ながら環境汚染と食の安全性などが負の遺産として残され、早急の改善策を要求されています。

特に畜舎の老朽化による衛生状態の悪化からの感染病の多発や、腐敗有機物の畜舎外流出による土壌汚染が原因の地下水の安全性問題などの続出は長年の積み重ねの結果と言えます。

化学的な対応を軽減する観点から、ナチュラルファーム製バイオ資材は微生物の持つパワーを有効利用して畜産の環境改善を行い、安心・安全な食の提供を寄与していきたいと思います。

アンモニアキラーは家畜の飼育環境はもとより、畜産現場を取り囲む様々な施設に対しても好影響を及ぼし、ひいては作業効率化やコスト削減となり経営改善に繋がります。

畜産臭が近隣住宅地に与える不快感
畜産の副産物である糞と尿による悪臭公害が問題になっています。
アンモニアキラーの効果で悪臭のない飼育環境が実現できます。
ハエや不快昆虫類の発生
ハエ・昆虫類の発生は基本的に臭いが原因です。
臭いは有機物の腐敗が大きくかかわりますが対策としては有機物の分解が必要になりますが、アンモニアキラーの強力な有機物分解作用で臭いの元を断ちます。
大型浄化槽管理
汚泥槽・バッキ槽・沈殿層・最終放出槽の管理にもアンモニアキラーをはじめとしたナチュラルファーム製バイオ資材は活躍します。
施設規模や環境により有効な処理方法を提案させていただくために現場視察にもお伺いさせていただきますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
堆肥処理
畜産経営ででてくる有機物残渣の処理も大きな問題です。堆肥の処理をあやまると堆肥処理流通の流れがとまり経営を圧迫することさえ起きてきます。
堆肥の状態は生堆肥・コンポスト堆肥・中完熟堆肥・完熟堆肥と様々な分解過程がありますが、最終的には臭いのない完熟の堆肥が求められます。
アンモニアキラーは良質の堆肥の発酵処理をすすめるのに最適の資材です。

畜産堆肥の処理

肉用牛などの畜産経営で問題になるのが畜産堆肥の処理です。

堆肥化技術が不足し堆肥舎での発酵がうまくいかずに正常な発酵ができなければ、嫌気性発酵に陥り悪臭が立ち込め畜産公害の原因にもなります。

また、品質の悪い堆肥は出荷することが出来ないため流通が滞ってしまいます。

このようなことから、高品質な畜産堆肥の安定製造は避けられない課題であり、解決の暁には地域のハウス園芸農家や露地作物栽培農家に恩恵を与え、畜産と農業の連携した循環型農業を推進することができます。

畜産堆肥の高品質化には

  1. 畜産堆肥中の糞尿の悪臭を抑制しながら発酵させる
  2. 畜産堆肥中の有機物を分解し完熟させる
  3. 発酵温度を適切に保ち、好気性環境を保った発酵

の3点が重要です。これらを守り適切に発酵させれば、酵素や有用微生物が生きている機能性堆肥になります。

和牛の場合、畜舎からでる畜産堆肥原料は木材クズが多く、処理できないと農地に還元したときに作物に悪影響を与えるため木材くずを分解することは大切です。

JAあまみ徳之島

闘牛で有名な鹿児島県徳之島のJAあまみ徳之島事業本部の管内は肉用牛の産地で、やはり堆肥の処理は経営上の課題でした。

その対策として、アンモニアキラーが持つ以下の様な特徴に注目し、導入されました。

  • 好気性有用微生物群を含んだ畜産向け製材
  • 畜産糞尿のアンモニア分解能力が高く、悪臭対策になる
  • 好気性発酵能力が高く、良質堆肥の製造ができる
  • 畜産堆肥の中の有機物の分解能力が良く、木材くずも分解することができる
  • 有用微生物が敷床を乾燥させ、回収前から糞尿を発酵させる

このような働きで完全醗酵した畜産堆肥は、有用微生物を豊富に含み製造段階で発生する酵素もふんだんに含んでいるため、農地に施した時に土壌病害やネコブセンチュウの予防にもなる機能性堆肥になります。

機能性堆肥は農業や園芸の栽培の質を飛躍的に向上させますので、地域の循環型農業に貢献することができます。

堆肥製造

堆肥センターに運び込まれた畜産堆肥の原料に、アンモニアキラーの100倍希釈液を動力噴霧器で散布してからラインへの投入を始めます。この処理で堆肥舎全体のアンモニア臭を抑制することができます。

ラインではアンモニアキラーの100倍希釈液を10日おきに4回程度散布する処理で完全発酵し、臭いのしない完熟堆肥ができます。

子牛の病気予防

JAあまみ徳之島事業本部ではアンモニアキラーを畜産堆肥の処理だけではなく、牛の健康維持にも活用しています。

和牛飼育で問題になるのが飼育房でのアンモニアの発生です。糞尿の嫌気性発酵により発生するアンモニアは和牛の健康に悪い影響を与えます。

特にアンモニアから深刻な健康被害を被る子牛です。子牛房では特に冬季に問題になりますが、子牛の糞尿の分解により発生したアンモニアが子牛の気管支にダーメージを与え、ひどい場合は肺炎を引き起こすことがあります。

子牛の高さにしゃがんでみて目がチカチカしたり、10分程度も耐えることができないような環境はアンモニアの濃度が高いといえます。

対策には換気はもちろんですが、アンモニアそのものの発生を抑制することがより根本的な対策といえます。

アンモニアキラーの有用微生物群は、子牛の糞尿から発生するアンモニアを速やかに分解して子牛の生育環境を好転させます。

アンモニアキラーを子牛房の敷料に散布するもう一つのメリットは、子牛の糞尿のアンモニアや有機物を分解する過程で熱を発生し敷料を乾燥させる効果です。

敷料が乾燥することで子牛がストレスなく生育する環境を整備することができます。

豚舎悪臭公害対策

熊本県の渡辺養豚場は、母豚飼育800頭で経営を行っています。飼育舎は近代的な設備はあまりありませんが、飼育環境改善には色々なノウハウをお持ちです。

その中のノウハウのひとつがナチュラルファーム製バイオ資材を活用した豚舎悪臭公害対策です。アンモニアキラーの有用微生物群を利用することにより悪臭公害のない養豚経営を実現させています。

過日、ナチュラルファーム製バイオ資材の産業分野での活用に興味をお持ちの方が、わざわざ関東からナチュラルファームまでお見えになりました。その際に養豚経営での悪臭公害を克服されていらっしゃる渡辺養豚場の現場を視察していただきました。

視察のお客様の案内方法ですが、豚舎の50メートル手前くらいから車の窓を全開にして停車し、豚舎の臭気がないことを確認していただきました。その後、車を移動し豚舎前に停車して豚舎の塀越しに臭気を確認していただきました。豚舎のすぐそばでも、養豚場の悪臭がないことに視察のお客様は驚かれていました。

お客様がもう一つびっくりされていたことが、視察の時間帯が給餌の時間にもかかわらず豚がとても静かなことです。

アンモニアキラーの活用により適切に処理された豚の排泄物は悪臭を出すこともなく豚の快適な飼育環境も確保されるので、豚のストレスを解消し飼料の食い込みもよくなり、肉質が改善されます。

渡辺養豚場から出荷される豚肉は獣臭がなく、とても美味しいと評判を得ています。

臭公害対策に成功している渡辺養豚場ですが、アンモニアキラーを利用するもうひとつの大きなメリットがあります。

それは、日々発生する畜産排泄物(豚糞)の処理です。アンモニアキラーの有用微生物群のパワーで臭いのない堆肥ができあがります。有用微生物群のしっかり繁殖した堆肥は近隣の農家の方の作物栽培に好評でできあがった堆肥はすぐになくなります。

アンモニアキラーによる循環型の環境保全型畜産経営が実現できているのです。