好気性微生物豊作菌とは?

その名の通り、好気性の有用微生物菌群のことを好気性微生物豊作菌と呼んでいます。

特徴として複合菌である事が挙げられます。

土壌中に存在する微生物はたくさんの種類が存在し、複合的にバランス良く活動しています。

栽培や飼育の環境は様々であり、あらゆる条件で微生物活動により環境に良い変化を起させるためには単菌では力不足です。

対して複合菌は、それぞれの微生物が持っている力を総合的に発揮させることができます。

ですが、ただ複数あるからといって、なんでもいいというわけではありません。

微生物の働きを活発にするには、組み合わせが重要なのです。

長年の研究・開発から生まれた配合理論は「ハイパワー夢」「アンモニアキラー」といったナチュラルファーム製バイオ資材に培われています。

ナチュラルファーム製バイオ資材

現代の農業は、化学肥料を活用し農作物の収量を安定させ食糧の確保に貢献してきました。

しかし化学肥料の多用は良質の土壌中の腐植の供給が追い付かずに土壌環境が悪化するという弊害を生み出しています。

これが進行すると土壌の団粒構造も崩れていき、土壌の酸性化あるいはアルカリ化を招きます。

土壌PHの極端な偏りは作物のミネラル吸収を阻害し、その結果として作物は窒素肥効優先の軟弱型の生育をします。

軟弱な作物は病虫害の多発を招き、農薬の多用へとつながります。

一方、土壌環境の悪化は寄生性の病原菌が増え色々な土壌病害が多発します。

青枯れ病・立ち枯れ病・硫黄病・タンソ病・モンパ病などで農家の方の悩みにまでなっています。

土壌がバランスを崩すと、寄生性センチュウ(ネコブセンチュウ・ネグサレセンチュウ)などが増加し拮抗的に寄生性センチュウを抑える腐生性センチュウが増えないためネコブセンチュウ害が多発します。

それらの害を抑えるために農薬を使用しますが、その効果は一時的で現場での解決が難しいのが現状です。

このような状況の中で、新しい農薬規制の流れも更に現場の農業者に戸惑いをもたらしています

ナチュラルファーム製バイオ資材は、良質の腐植を土壌に供給して有用微生物豊作菌を増殖させ、しっかりした団粒構造を作り土壌微生物相を豊かにするといった土壌環境の改善を主眼に置いて造られており、作物栽培の色々な段階と問題点に対処します。

農業用好気性微生物豊作菌とは?

好気性微生物豊作菌を活用した農業用資材です。

それを活用したハイパワー夢は、以下の様な効果が期待されます。

  • 野菜の青枯れ病、萎黄病、立ち枯れ病などの土壌病害抑制
  • 野菜の発根促進
  • 野菜の発芽促進
  • 野菜畑の土壌をふかふかにします
  • 野菜収穫義の野菜残渣の分解
  • 果樹の紋羽病の対策

また、その他のナチュラルファーム製資材と併用することでさらなる効果を引き出します。

農業以外にも

例えばガーデニングにおいては以下の様な効果が期待できます。

  • 貴重な種の発芽率の確保
  • 花径を大きくする
  • 花の色を鮮やかにする
  • 無農薬・有機ガーデニングが可能になります

樹木治療にも次の理由から効果が期待できます。

  • 踏み固められた樹木の周りの土を団粒化します
  • 樹木の新しい細根を出させることができます
  • 樹木の根の紋羽病対策ができます

神社仏閣、天然記念物などの樹木の健康を守ることができます。

畜産用好気性微生物豊作菌とは?

好気性微生物豊作菌を活用した畜産用資材です。

それを活用したアンモニアキラーは、畜産有機物、畜産糞尿、畜産大型浄化漕 飼育動物の健康保持、食肉の品質向上といった下記のテーマに対応できるように配合されています。

  • 畜産悪臭公害対策
  • ハエや有害昆虫の発生対策
  • 大型浄化漕管理対策
  • 畜産堆肥製造
  • 飼育動物健康管理
  • 食肉ブランド化推進

乳牛・和牛に

  • 牛舎の飼育床の環境改善
  • 良質堆肥の製造

養豚に

  • 豚舎で発生する悪臭公害を解消
  • ハエなど昆虫の発生を抑制
  • 豚舎の大型浄化槽の管理

養鶏に

  • 鶏糞の悪臭対策
  • ハエなど昆虫の発生を抑制
  • 良質堆肥の製造

悪臭の改善は家畜のストレスを解消し、元気で健康に育ちます!